スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    藤井農園に「いいね!」をよろしくお願いします!
    <
    藤井農園 | Facebookページも宣伝
    • 2014.05.03 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    産地化とブランド化

    0
       今日は大阪府4Hクラブの視察研修で和歌山のキヌサヤエンドウ農家と有田ミカンの生産と加工品販売をしている株式会社早和果樹園に行ってきました。

      どちらも和歌山が日本で一番の生産量を誇っている作物です。

      今回の視察で産地化とブランド化について改めて深く考える機会になりました。

      それぞれの産地で独自の規格を設定し、その規格を満たしている商品をブランド化することで付加価値を付けて、市場に出ても価格が高値で安定している。

      そこに至るまでにはその地域の農家の意識を統一しなければならないなど、大変なことも多いと思うけど、理想的な産地化だと感じました。


      一方、羽曳野のいちじくについて考えると、大阪で一番の産地ではあるものの、それぞれの農家がそれぞれの基準でいちじくを売っているという感じで、全く産地化ができていないと思います。

      作っている農家が多いので商品は溢れているけど価格は安定せず、ライバルだけが多いという厳しい環境ですね。

      正直、羽曳野いちじくを産地化、ブランド化することは相当難しいだろうなと感じているので、方向性としては「藤井農園」自体をブランド化していくことを考えていかないといけない改めて確認できた視察研修でした。

      藤井農園に「いいね!」をよろしくお願いします!
      <
      藤井農園 | Facebookページも宣伝

      近況報告

      0
         前回からまたまた時間が空いてしまいました。

        これほど間が空くともう見に来ている人はいないのではないかと思いながら、こっそりと再開してみようと思います。


        12月にトマトの種まきをしてからというもの、毎日朝夕にハウスに通っています。

        トマトの今はこんな感じ。

        トマトの苗作り2年目。

        あれこれ考え、回り道しながらも、今のところは極めて順調に成長していると思います。


        毎日のトマト作業は大してすることがなく、他の時間は最近結構暇。

        やることがないわけではないけど急ぎでもないってことは、なかなかやる気が起こらず
        結局やらないパターンになることはよくあることで…

        とりあえず今心の片隅にあるのは、いちじく畑の畝間に溜まる水。

        昨晩の雨で溜まってしまったのですが、手前の方が低くなっているので、土を入れて高くする土木工事的なことをしないといけません。

        肉体労働になるのであまり気が進まないのですが、今週中には取り掛からんといかんなと思ってます。


        近況はこんな感じでくすぶってます。
        藤井農園に「いいね!」をよろしくお願いします!
        <
        藤井農園 | Facebookページも宣伝

        ブランド化への道

        0
          こんばんは。

          世間はお盆ですね。

          藤井農園ではお盆に合わせてのいちじくのご注文が多く当然お盆休みはありませんが、妹夫婦の帰省やお盆の親戚の集まりなど親族で飲むことが多い今週です。


          ところで先日、藤井農園シールが完成しました。


          今まではシールの用紙を購入してプリンターで印刷していたのですが、やっぱり自分で作るとずれたり、いがんだりしてロスすることも多く、また用紙代やインク代もそれなりにかかるので、思い切って業者に頼んでみました。

          大量に発注すると値段が下がることもあり、諸々の費用と手間賃を考えるとそれほど高い買い物でもないかなと思って10,000枚注文しましたが、出来上がりを見るとやっぱりキレイ。

          手作りのシールもいいですが、見た目に綺麗なシールはきっちりしてる感があって良いですね。


          このシールは主に羽曳野の道の駅「あすかてくるで」に出荷する際に貼って出しています。

          例えば藤井農園のいちじくを買って気に入ってくれたお客様がまた買いたいと思った時に、このシールを貼っていることで商品を見つけやすく、リピーターを獲得できる確率が上がると思います。

          また、藤井農園に興味を持ってくれたお客様がネットで検索してホームページにたどり着き、直接のお客様になってくれることもあるかもしれません。

          たかだかシール一枚ですが、様々な可能性を秘めている一枚で、農業を始めたときからこだわりを持って徹底して貼ってきました。

          実際に道の駅の職員さんから、藤井農園のいちじくを選んで買っていくお客様がいるとか、道の駅で買って美味しかったから直接来ましたというお客様の声もあるので、シール効果は出てきていると思います。


          これからは「藤井農園」をブランド化することが大事と考えていて、そのための第一歩がシールであり、今後もあれやこれやと手を変え品を変えアピールしていこうと思っています。

          そして「藤井農園」ブランドが世間に定着したその先の野望としては・・・
          現在、全く売れていない「藤井農園Tシャツ」がバカ売れすることですね。

          (藤井農園Tシャツが大量生産されているイメージ図)
          藤井農園に「いいね!」をよろしくお願いします!
          <
          藤井農園 | Facebookページも宣伝

          露地いちじく始めました。

          0
            こんばんは。

            毎日暑いおかげで例年より随分早く露地いちじくの出荷が始まりました。

            これから最も忙しい時期が始まるなぁっていう若干の憂鬱と、藤井農園のいちじくを多くの人に食べてもらうぞ〜という大量のヤル気と期待感が交錯しています。


            今日からイズミヤへの出荷が始まりました〜。
            近所のいちじく農家4軒で朝から出荷して、大阪のイズミヤ各店舗に送られています。
            イズミヤでいちじくを見かけられた方は、藤井農園のいちじくに当たるかは分かりませんが、羽曳野いちじくを是非味わってみてください。


            他には羽曳野の大きな道の駅「あすかてくるで」に毎日出荷しています。
            ここでは各農家が出荷している色々な野菜を安く購入できるということで、連日にぎわっています。


            商品には藤井農園シールが貼ってありますので、行かれた方は見つけてください!


            あと、羽曳野市の恵我之荘駅前にあるスイーツ店「PATISSERIE BARON」さんがハウスいちじくの頃から1週間に4・5回来て買って下さっています。
            藤井農園のいちじくを使って作るケーキは毎年大好評のようで、実際に食べてみると美味しいですよ〜。
            もしお近くに来られることがありましたら、一度食べてみて下さいね。


            他にも色々なお店で使って頂けるように、いちじくの生産とともに販売にも力を入れて頑張っていきます!


            最後に、本日より藤井農園ONLINESHOPにて発送分の露地いちじくの予約受付を開始しています。
            もうすでに早速のご注文も頂いて有り難い限りです。
            皆様のご注文がわたくしの元気の源ですので、ドシドシ、チャリンチャリンご注文下さい。

            また、直接直売所にお越し頂いて購入して頂くことも可能ですが、いちじくは傷みやすいため店頭での販売はしておりません。
            午前中には出荷準備が終わりますので、お越し頂いても商品がない場合がございます。
            必ず前日までにご連絡を頂き、事前にご注文頂きますようお願いします。

            藤井農園に「いいね!」をよろしくお願いします!
            <
            藤井農園 | Facebookページも宣伝

            こんなんなりましたけど〜

            0
              さむっ!風つよっ!
              この風なかなか厄介です。

              1/23(木)にトンネルなしバージョンのジャガイモを植えました。
              畝の真ん中を掘って、一定の間隔で種イモを置いていきます。

              種イモの上に土を乗せ、間に今度は肥料を蒔いていきます。

              肥料は3種類ありますが、とにかくにおいがくせぇことこの上ない。
              しかも粉末が舞い上がってくしゃみがとまらなくなるので、いつも鼻水を
              垂らしながらの作業です。

              最後に土を被せて、黒マルチを張って終了。

              ジャガイモの数はそこそこあるので、5月のジャガイモ掘りに向けて一歩前進、
              なんとか開催に漕ぎつけたいものです。

              一方、先に植えていたトンネルありのジャガイモはこんな状態でしたが・・・

              今日の強風で・・・

              こんなんなりましたけど〜

              強風手強し!
              今日は修繕もできそうにないので、このまま放置。
              これ以上ひどくならない事を祈ります。
              藤井農園に「いいね!」をよろしくお願いします!
              <
              藤井農園 | Facebookページも宣伝

              幽体離脱

              0

                昨日の晩から雨ですね~。
                この雨は恵みの雨になるのか・・・地獄の雨になるのか・・・

                一昨日から今年新たにいちじくの樹を植える畑の畝作りを始めました。
                これは昨年の11月に一つの畑の樹を全部倒して、枝と一緒に燃やしているところ。


                その後、耕運機で畑をすいてしばらく水を張ってから、新しい樹を植えるために
                畝作りが始まりました。
                間隔を測って筋を付け、その筋に沿って鍬で土を上げて行きます。
                黙々と鍬で土を上げるこの作業、最高にしんどいやん!


                朝から約3時間、昼から約3時間、ひたすらやってるとだんだん握力が無くなってきて、
                最後はバーベルをもってるんちゃうか?と思うくらい鍬が重くなりました。
                土上げ10秒、休憩5秒のインターバルで作業していたのが、終盤は土上げ5秒、
                休憩20秒と逆転どころとちゃいますやん!

                2日目からは全身筋肉痛に加え、この仕事がしばらく続くという事で、心も体も
                くたくたです。
                今日は雨で仕事ができなかったおかげで、少し休養になったけど、明日以降水を含んだ
                土の重さといったら、想像するだけで地獄絵図です。


                ところで、今日は「農業経営法人化講習」という講習会に祖父と参加してきました。
                祖父が「大阪府農業経営者会議」というものに加入しており、その関係で内容も
                面白そうなので一緒に行く事になったわけです。

                祖父はさすがに顔が広く、色々な人を紹介してくれましたが、その中に今日の講師の
                先生もいて、
                「藤井大先輩に教わりながら〜」
                なんてご謙遜されていましたが、しっかりと名刺交換をさせてもらいました。


                講演の内容は、農業経営の法人化ということで、今すぐどうこうというわけではありませんが、
                イメージを持つ事ができ、大変参考になりました。

                ただ、講演の最後のところで、
                「藤井大先輩が〜」
                と突然名前を出してお話をして下さり、孫としては少し恥ずかしかったです。

                『わ〜名前出さんでも〜』
                なんて思いながら横に座っている祖父を見たところ、祖父は斜め上に顔を向けながら、
                口は半開きで寝てますやん!

                今にも口から魂が出てきそうな衝撃映像を見て、
                『ジジイ!逝ったか?』
                と心で叫びつつ慌てて起こしましたが、その後しばらくはしてやられた感でいっぱいでした。

                そんなこんなで勉強しながら、顔を売りながら、芸を磨きたいと思います。

                藤井農園に「いいね!」をよろしくお願いします!
                <
                藤井農園 | Facebookページも宣伝

                ジミーな作業

                0
                  こんばんは。
                  最近、気温は低いですが天気が良い日が続いていますね。

                  今日は久しぶりにがっつり仕事をしたので、かなり腰にキテマス。
                  何をしたかというと、いちじくの樹にワラを巻いていくという作業。
                  冬の寒さで霜が降りて、いちじくの樹がやられないように、服を一枚着せてあげる感じです。
                  「一枚着るだけで、こんなにも温かくなるなんて知らなかった!」
                  っていういちじくの樹たちの心の声が聞こえてくるようですが、
                  これがそこそこ中腰での作業なので、地味に辛い。

                  やっかいなことに農作業ってこういう地味に辛い作業が結構多いです。
                  傍から見てるとしんどそうに見えへんけど、やってみるとジワジワ腰にくるタイプ。
                  辛くなってちょっと休憩すると、楽な作業なのにサボってんじゃねぇか?!
                  って思われんじゃねえか?!と小心者の僕は周りの目が気になります。

                  もう一つ、今ジミに辛いというかサボれないものが、トマトの管理。
                  これは先月に種を蒔いてから、毎日欠かさずやらなければなりません。
                  作業は大したことはないのですが、

                  朝一番にコレを…

                  こうして…

                  こうします。

                  でもって、昼間に気温が上がりすぎると、こうします。

                  でまた、夕方にはこうなります。

                  こんな感じで温度を上げすぎず、下げすぎず、ジミーに管理をしていると、トマトの子供はたくましく成長しています。

                  おそらく1500本以上あると思いますが、彼らを見ていると我が子のように思えてきて
                  ついつい名前を付けたくなります。

                  例えば?

                  ジミー大西とか…
                  藤井農園に「いいね!」をよろしくお願いします!
                  <
                  藤井農園 | Facebookページも宣伝

                  宇治ってめちゃめちゃ近いやん♪

                  0
                    こんばんは。
                    勢いに任せて2日連続の投稿です。


                    今日は京都府宇治市に行ってきました。
                    何をしに行ったかというと、2月からとある団体の農業学校で勉強しよう!と決心をし、その説明会を聞きに行ってきました。

                    行ってみて何が一番驚いたかというと…

                    宇治ってめちゃめちゃ近いやん♪

                    羽曳野の自宅から現場まで高速使ってわずか45分。
                    完全に「行かず嫌い」から「行くと好きぃ」になりました。


                    農業をするようになってから心穏やかな日々を過ごすことが多くなりましたが、それでも様々な悩みや不安があるわけで、そんな中、就農当初から抱えている大きなの悩みの一つが、圧倒的に足りていない農業の知識。
                    農業の基礎の基礎が分かっていないし、植物のしくみとかも曖昧だし、そもそも理科の授業は受けてたよねって感じで、毎日が勉強だけれども、なんか霧がかかっている状態でもがいているような気がしていました。

                    そんな時にこの学校のことを知って、宇治まで行かなあかんけど、実習と座学で勉強することで、少しはその霧も晴らすことができるかもと思ったわけであります。

                    実際に説明を聞きに行くと…

                    宇治ってめちゃめちゃ近いやん♪

                    ってことでテンションが上がってしまいました。


                    それから、説明会の後で、たまたま宇治に住んでいる大学の同級生、K太&GOさん(そのままでモロバレですが…)の新居に遊びに行かせてもらいました。
                    綺麗な新居でGOさんの手料理、おいしいパスタをご馳走になり本当にありがとうございました。

                    1歳半になる一人娘のMIOちゃんは、いきなり変なおっさんが現れて少々戸惑い気味でした。
                    抱っこしようとするとイヤ!と拒否され、持ってるおもちゃを頂戴って手を出すとナイ!と言っておもちゃを隠され、なかなか受け入れて貰えませんでした。

                    それでも最後の最後、お絵描きでワンワンを描いてというリクエストになぜか僕が答えることになった時に、初めて彼女は僕の隣に嬉しそうに座ってくれました。
                    しかし、そんな小さなことに心が躍ったのもつかの間、彼女は可愛いワンワンを期待しているような眼差しで、じっとキャンバス見つめています。
                    そんなこの世で最も純真無垢な無言のプレッシャーを、絵心ない農民の僕が跳ね返せる訳もなく、キツネとネズミが合体したような化け物が出来上がりました。


                    ってことで2月から週1回程度ですが、宇治まで勉強しに行くことになりました。

                    と同時に絵の勉強も始めることにしました。独学で。


                    <一人で滑り台を登るMIOちゃんとキャッチの準備をする父親>
                    藤井農園に「いいね!」をよろしくお願いします!
                    <
                    藤井農園 | Facebookページも宣伝

                    1

                    PR

                    profile

                    links

                    search this site.

                    calendar

                    S M T W T F S
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << October 2018 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    Facebook

                    others

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM